看護師は売り手市場?

 

水01看護師求人の現状は、まさに売り手市場といえます。慢性的な看護師不足の中、看護師の需要もますます高まっています。しかし、看護師の仕事も近年変化してきており、診察の専門化、細分化が行われるようになりました。これまでの「内科」「外科」というわけ方から、幹部の部位、病状の名称、患者の特性、医療的処置法などにより分類が細かく定められるようになりました。大規模な病院等では上記細分化された分類で表記することが多くなり、より高度な看護スキルが必要とされています。看護師としての仕事内容、責任等、負担が大きくなりましたが、よりやりがいがある仕事ができるようになったとも言えます。もう一つ看護師求人の現状としては、高齢化社会に起因した、介護関係の仕事が増加傾向にあるということです。少子高齢化が進むにつれ、増加した高齢者をケアする人材が必要となっていますので、今後の看護師の働き方として、病院での医療的補助という役割から高齢者等の介護業務がますます増加していくと考えられます。現在の看護師の求人状況はまだまだ病院等の勤務が主流となっていますが、今後は老人介護施設等の求人が大幅に増加することになるでしょう。看護師の求人を探す際に、求人募集サイトを利用する方が多いと思いますが、最近では介護関連の求人を探すために介護関連のカテゴリが多く登場するようになりました。看護師といえば、病院で勤務するナースのイメージが大きいですが、これから、就職、転職活動を予定している方は、看護師求人の現状を考え、介護関連の求人も候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。